women

目元の印象を変える

クマ治療で目元の印象がクリアに

クマができてしまいますと、暗くて老けた印象になってしまいます。 クマができる原因としては、睡眠不足などによるうっ血状態になってしまうことというのも関係ありますが、この場合は特に治療を行うことなくマッサージなどで解決できることもあります。 しかし、クマの原因が色素沈着や脂肪がたまっていることであると、治療が必要になります。 色素沈着の場合は、美容外科や美容皮膚科のレーザーで治療していくことができます。 脂肪を取るということになりますと、美容外科で目の下を切開したりする必要がありますが、レーザーで傷跡なく治療が行える場合もあります。 どちらにしても、クマの状態によって治療法が異なりますので、医師に相談してみるとよいです。

レーザーと使ったクマ治療は効果が大きい

クマが目の下にできてしまいますと、見た目としてもとても悪いですし、化粧で隠したくなります。 しかしそれは根本的な改善ではありませんので、色々な原因があるクマを根本的に治療をしていくことを考えてみましょう。 いちばん多いのは、血行不良ですが、マッサージなどをして解決できる場合もあります。 また、メイクなどの色素沈着がおこってクマとなってしまうこともあります。この場合には治療でレーザーを使うことが多いです。美容皮膚科などでも治療の対応をしているところがあります。 最後に、目の下に脂肪がたまっていることで、毛細血管が浮き出てクマになってしまっていることもあります。この場合には、脂肪を取るという治療を行うことができます。症状に合わせて治療法を選んでいきましょう。